審査の条件とは

クレジットカードを持つには安定した収入と信用が必要です。そしてきちんと利用額を返済すると見込まれる者にのみ発行されます。
まずクレジットカード新規申で申し込むと、審査が行われます。これに無事に通過するクレジットカードが発行される事になります。カード会社が申込者にクレジットカードを発行しても良いのかどうかを判断しているわけです。カードを発行しても良いと判断する条件に関しては、各カード会社毎に異なります。そしてこの基準の厳しさはカード会社やカードの種類により大きな差があります。
しかし方向性に関しては似通っており、職業や個人信用情報を参考にして判断されます。職業に関しては年収額だけでなく、勤続年数や雇用形態が重要になります。年収額は高いほど返済能力が高いと判断されます。また勤続年数や雇用形態に関しては収入の安定性に大きく関わります。勤続年数が長く正規労働者であれば、現在の収入を将来に亘っても安定して得られると判断されます。
そして個人信用情報は過去の借入の返済状況を見ることができます。ここで利用額をきちんと返済する人なのかどうかという事が判断されます。個人信用情報が綺麗であれば、信用は高まりプラスに働きます。

コメントは受け付けていません。