スコアリングとは

クレジットカードの審査は、属性やクレジットヒストリーなどを総合的に考慮して行われます。審査の基準はカード会社によって異なりますが、各項目をスコアリングするといった方法がよく採用されています。項目毎に数値化して、その数値の合計によって審査結果を出すといったやり方です。
年収額や勤続年数といった項目は重要度が高いため、スコアリングする際に大きなウエイトを占める事になります。年収額によって返済可能な金額が決まるため、特に与信枠を決定するにあたっては年収額が最も重要な項目になります。カードを発行するかどうか決定する際には信用があるかどうかという点が重要になってきます。その際のスコアリングでクレジットヒストリーが大きなウエイトを占める場合が多いです。過去の金融機関の利用歴が良好であれば、カード決済した分をきちんと返済すると判断されるためです。これに加えて居住年数や家族構成などに関してもスコアリングの上で若干プラスされます。居住年数が長い場合は引越が容易ではないため、信用が高く評価されます。また同居家族が多い場合は、返済が困難になった場合に援助してもらえる可能性が考慮考慮されます。そのため、こうした項目で若干スコアリングにプラスされる場合が多いとされています。

コメントは受け付けていません。