クレジットカードと審査について

椅子と絵画と花レジットカードを作成する際には、各カード会社の審査があります。審査はさまざまなカード会社が独自に設けている基準があり、この基準をもとにカードを発行するかしないかを決定します。
カードの発行ができなかったとしても、カード会社から明確な理由は明記されていません。明確な理由が分からないまま、各社の基準によってカードの発行を断られてしまいます。しかし、多くの場合にはカードが発行できない重要な理由があるケースがほとんどです。
カードが発行できない主な理由には、多額の借り入れがある場合や定職についておらずフリーターの場合があります。こういった方ですと社会的な信用がありませんし、多額の借り入れをされている方の場合には、まずは借り入れを返済しなければ信用を作ることができません。フリーターであれば、主婦やフリーターの方でも作ることのできるカード会社がありますので、そういった種類のカードを発行します。
他のケースでは、以前に作ったカードで延滞をされていた場合にも信用情報として数年間は登録されており、カードの信用調査の基準をクリアできない場合もあります。過去の支払い状況というのは重要視されますから、若い内にカードを発行して安易な延滞を繰り返すのは避けといた方が得策と言えます。

コメントは受け付けていません。