‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

クレジットカードの審査とその厳しさについて

2014/08/21

クレジットのカードの審査は決して容易ではありません。すぐにその結果が出る場合もありますが、必ずしも受かる事ばかりというわけではありません。厳しさが伴うのです。
中にはクレジットカード会社のテストに通過せずに、惜しくも落ちてしまう方も非常に多いのです。特に、過去に負債の記録ある方は、それだけ通りにくくなってきます。
例えば、今は特に負債を抱えていなくても、過去7年間の間に、大きな負債を抱えて返済が困難になった事のある方は、金融にもその記録の情報がいっていまうので、それだけ不利になってしまうのです。
過去の記録というのは、これから契約したいと考えている方にとって、マイナスとなってしまいます。契約前に、自分の過去の情報を見直してみるべきです。最後に負債を抱えた時から、最高でも7年間経過すれば、その記録は消滅されると言われています。そのため、記録を知られたくないという方でしたら、7年経過してからお申込みをする方がいいのです。
勿論、最近何か別のところから借り入れをしている人というのも、よく見られてしまいます。検討する上では、その方の経済状況などもよく確認されるので、年間の収入なども、重要な点となってきます。
経済状況と、その借入金額と見て、釣り合っているかどうかを審査されてしまうのです。

個人信用情報機関(CIC)の概要とは

2014/08/21

花瓶01クレジットカードの審査に落ちた場合、考えられる原因は、年収の関係か個人信用情報機関(CIC)に登録されているデータに何らかの事故情報が記載されているということです。前者の場合は、しかたがないのですが、後者の場合は情報開示により、情報を確認することができます。
個人信用情報機関と言うのは、ローンやクレジットカードを発行するときに、その人が信用できるかどうかを見極めるための判断材料にするための資料を扱っている機関のことで、消費者金融や銀行でお金を借りた場合、必ず個人信用情報にそのことが記載されます。そして、延滞や未払いがあると、それらの情報も記録されてしまうため、信用度が一気に低下します。
その結果、クレジットカードの発行審査で、信用度が低いことを理由に否認されてしまうのです。審査に通過せず、年収に心当りがない場合は、情報を開示してもらうと良いです。個人が情報開示を行う場合、所定の手数料がかかってしまうのですが、基本的に拒否されることはありません。
所定の方法で申し込みを行い、手数料を納めれば郵送などの方法で、個人信用情報を開示してくれます。そして、その情報を見て、事故情報などが記載されていなければ、何か別の理由があり否認されているということも考えられます。

審査落ちした場合の対処法について

2014/08/21

クレジットカードを作る際、必ず審査をしてからクレジットカード会社がカードを発行します。その際、審査に万が一通らなかった場合はクレジットカードの発行を受けることができません。審査にはクレジットカード会社によってさまざまですから、一概にどのような理由であるかを明示してくれません。
クレジットカードを作成する上で、職業や年収、住所や過去の借入などを記入することになります。過去の借入を記入しなかったとしても、借入が過去にあった場合には信用情報機関に登録されていますから、クレジットカード会社は顧客の信用情報を元に審査を行います。
クレジットカードの審査に落ちてしまった方は、まず借入金額をなくすことから始めます。きちんと返済さえしていれば、クレジットカードの作成は可能です。さまざまなローンを分割払いにしている場合も、クレジットカード会社によっては一括返済ができないことを理由に審査落ちとしてしまいます。ですから、1度で返済できる程度の借入を計画的に行っていくことが重要です。
さらなるクレジットカードの審査に落ちてしまったの対処法としては、いくつものクレジットカードの申し込みをしない方法があります。1枚のカードの審査に落ちたからといって、いくつものカードを申込みするのは避けます。

クレジットヒストリーとは

2014/08/21

信用情報機関には個人信用情報が記録されています。これには過去のクレジットカードの利用履歴が含まれています。この他割賦購入をした場合やローンを利用した記録も残っています。これらの記録はクレジットヒストリーと呼ばれています。このクレジットヒストリーは月ごとに返済履歴が分かるように記録されています。
クレジットカードの入会審査においては、信用情報機関にクレジットヒストリー照会して行われます。請求がありそれに対して遅延なく返済した月には$マークが付くようになっています。この$マークが多く並んでいる場合は良好なクレジットヒストリーと判断され審査上有利になります。また遅延が生じた場合もその記録が残る事になるため、そういった場合は不利に働いてしまいます。クレジットカードの場合は持っていても、1ヶ月間の間に1度も使わないというケースもよく見られます。そういった場合の記録も残りますが、返済遅延などと違って不利になることはありません。ただし有利になる事もないため、月に1回程度は使うのがクレジットヒストリーを積むといった意味では望ましいとされています。
そして良好なクレジットヒストリーを積み上げて行く事で、年収額があまり高くなくてもステータスカードの審査に通る事も可能になります。

申し込み不備が合った場合は

2014/08/21

椅子と観葉植物クレジットカードは、現金がない時など、いざという時にキャッシュを確実に用意できる非情に便利な道具です。また、インターネット上ではクレジットカードが身分証明書のような扱いになっていることも多いので、できれば1つは持っておきたいものです。
しかしながら、クレジットカードは、ただ申請すれば誰もが持つことができるわけではありません。クレジットカードを利用するにはカード会社による審査に合格する必要があるのです。
では、カードの審査を受けるにはどうすれば良いのかというと、カード会社に連絡を取ると申込書を送ってもらえるので、必要事項を記入した後、身分証明書などを同封して郵送するという形になります。
そして書類がカード会社に届いたら、カード審査となり、合否の判断がされることになるのです。そして審査を合格できたなら、後にカード会社よりクレジットカードが郵送されるのです。
審査において、送付した書類は非情に大切です。カード審査は送付した書類を参考にして合否が決まりますので、必要書類をしっかり揃えて送付しなければなりません。
もしも書類に不備があった場合、それが審査の評価でマイナスになってしまいます。ただでさえ厳しいカード審査を確実に合格するためにも、必要書類はちゃんと揃っていることを確認することがオススメです。

スコアリングとは

2014/08/21

クレジットカードの審査は、属性やクレジットヒストリーなどを総合的に考慮して行われます。審査の基準はカード会社によって異なりますが、各項目をスコアリングするといった方法がよく採用されています。項目毎に数値化して、その数値の合計によって審査結果を出すといったやり方です。
年収額や勤続年数といった項目は重要度が高いため、スコアリングする際に大きなウエイトを占める事になります。年収額によって返済可能な金額が決まるため、特に与信枠を決定するにあたっては年収額が最も重要な項目になります。カードを発行するかどうか決定する際には信用があるかどうかという点が重要になってきます。その際のスコアリングでクレジットヒストリーが大きなウエイトを占める場合が多いです。過去の金融機関の利用歴が良好であれば、カード決済した分をきちんと返済すると判断されるためです。これに加えて居住年数や家族構成などに関してもスコアリングの上で若干プラスされます。居住年数が長い場合は引越が容易ではないため、信用が高く評価されます。また同居家族が多い場合は、返済が困難になった場合に援助してもらえる可能性が考慮考慮されます。そのため、こうした項目で若干スコアリングにプラスされる場合が多いとされています。

審査の条件とは

2014/08/21

クレジットカードを持つには安定した収入と信用が必要です。そしてきちんと利用額を返済すると見込まれる者にのみ発行されます。
まずクレジットカード新規申で申し込むと、審査が行われます。これに無事に通過するクレジットカードが発行される事になります。カード会社が申込者にクレジットカードを発行しても良いのかどうかを判断しているわけです。カードを発行しても良いと判断する条件に関しては、各カード会社毎に異なります。そしてこの基準の厳しさはカード会社やカードの種類により大きな差があります。
しかし方向性に関しては似通っており、職業や個人信用情報を参考にして判断されます。職業に関しては年収額だけでなく、勤続年数や雇用形態が重要になります。年収額は高いほど返済能力が高いと判断されます。また勤続年数や雇用形態に関しては収入の安定性に大きく関わります。勤続年数が長く正規労働者であれば、現在の収入を将来に亘っても安定して得られると判断されます。
そして個人信用情報は過去の借入の返済状況を見ることができます。ここで利用額をきちんと返済する人なのかどうかという事が判断されます。個人信用情報が綺麗であれば、信用は高まりプラスに働きます。

クレジットカードと審査について

2014/08/21

椅子と絵画と花レジットカードを作成する際には、各カード会社の審査があります。審査はさまざまなカード会社が独自に設けている基準があり、この基準をもとにカードを発行するかしないかを決定します。
カードの発行ができなかったとしても、カード会社から明確な理由は明記されていません。明確な理由が分からないまま、各社の基準によってカードの発行を断られてしまいます。しかし、多くの場合にはカードが発行できない重要な理由があるケースがほとんどです。
カードが発行できない主な理由には、多額の借り入れがある場合や定職についておらずフリーターの場合があります。こういった方ですと社会的な信用がありませんし、多額の借り入れをされている方の場合には、まずは借り入れを返済しなければ信用を作ることができません。フリーターであれば、主婦やフリーターの方でも作ることのできるカード会社がありますので、そういった種類のカードを発行します。
他のケースでは、以前に作ったカードで延滞をされていた場合にも信用情報として数年間は登録されており、カードの信用調査の基準をクリアできない場合もあります。過去の支払い状況というのは重要視されますから、若い内にカードを発行して安易な延滞を繰り返すのは避けといた方が得策と言えます。

買い気配と売り気配について

2014/08/21

株式投資は投資商品の中でも、難しいというイメージが大きいようです。投資信託もとても多くの商品がありますので、迷うところですが、上場されている会社は3千社以上にのぼります。
この中から銘柄を絞って投資するのです。簡単に出来ることでは無いのです。もちろん普段使っている有名メーカーの株式を購入しても、好きなゲームメーカーの株式を購入しても構わないものです。ただしその株式が今後値上がりするとは限りません。
情報源としては、先ずは新聞の株式欄を見ることも大事です。株式欄には多くの情報が掲載されています。株式欄以外にも、企業のニュースなどに参考となる記事も注意して見ることも必要です。
新聞の株式欄には、銘柄の属する業種ごとに、銘柄コード順に並んでいますのでわかりやすいのです。自分の興味ある会社を素早く見つけることが出来ます。翌朝の新聞には前日の株価の数値が載っています。株価が上がったのか、下がったのか一目でわかるようになっています。
そこに気になる記号が書いてあることがあります。ケとか気配という言葉です。これは買い気配と売り気配です。買いが集中して値段がつかなかったり、逆に売りが集中した場合です。何か会社に良いことか悪いことの情報でこの動きがでるのです。新聞の株式欄から情報を得ることが出来ます。